PhotoshopをマスターしてWEB用画像を作成しよう!

ホームページ(WEBサイト)の画像素材を作成するのなら、やはりadobeのphotoshop(フォトショップ)の操作はマスターしておきたいですね。
WEBで使用される素材といえば、なんといっても「jpg」や「gif」、「png」などの画像素材です。
もちろん撮影した写真をそのまま使用することもありますが、画像加工スキルがあれば好きな画角でトリミングしたり、明るさを調整したり、色を変えたり、ほかの写真とコラージュしたり、映り込んでしまった不要な要素を取り除いたりと実に様々なことができます。
photoshopは画像可能ソフトのいわゆるデファクトスタンダードとして幅広い人が使用していますので、操作方法がわからないようなことがあっても、ネットで検索すればほぼすべてのトラブルが解決できるところも魅力の一つです。
もちろん、「切り取り」や「貼り付け」程度の簡単な画像加工のみを行いたいのであれば、フリーソフトで十分対応できます。しかしクオリティを求めるのならば、初心者の方にはハードルが高いかもしれませんがやはりphotoshopをマスターすることを目指しましょう。
自分好みの画像素材を作成できるということ以外にもメリットがあります。
操作を一度マスターしてしまえば同じadobe製品のイラスト制作ソフトIllustrator(イラストレーター)も同じ操作感ですので、一気にスキルの幅が広がります。
ぜひ一度チャレンジしてみてください。