素材屋のイラストや画像の使い方

イラストや画像を利用することが多くなってきたと思います。
インターネットを使っていると、画像を使って自分のプロフィール画像を作ったり、サイトやブログに写真を掲載したり、イメージ画像を載せるという人もいるでしょう。
こうしたイラストや画像を使うときに便利なのがフリーの素材屋です。
素材屋というのは、いろんな写真素材、イラスト素材を無料で配布しているサービスなどのことです。
無料だけでなく有料のサービスもあり、画像を使いたいと思ったとき大変便利なサービスのひとつです。
しかし、この素材屋のサービスですが、利用にはいくつか注意しないといけません。
一番注意することは、素材屋で配布されている写真やイラストなどの画像の著作権です。
勘違いをされていますが、無料配布の画像は、著作権が放棄されているわけではありません。
(著作権の無い素材もあります)
著作権がある素材は、ルールに則った利用が必要です。もしもルールを破って素材を利用した場合、著作権の侵害となり、罰を受けることになります。
最近は特に著作権に関する取り締まりがネットを中心によく話題に挙がります。この機会に素材の使い方、著作権についてよく知っておく必要があると考えます。

無料の画像素材でも注意点はある

たとえば一般的なブラウザで「画像 素材 無料」などと検索すれば一瞬にして多数の素材公開サイトがヒットする、非常に便利な世の中になったものです。
さて、そんな無料の画像素材も注意点はあります。
それらの素材の多くはそれぞれの作者が完全に好意によって無料で使っていいですよ、と言う事にしているだけであり著作権自体は手放していない点です。
こういった画像素材には利用条件が設定されているのが普通なので、公開サイトのどこかには確実に明記されている条件には絶対に目を通しておきましょう。
条件設定は作品ごとだったりサイト全体で共通だったりするのでそこも気を付けてください。
まず有償作品・無償作品を問わず無料で使っていい太っ腹な物も存在しますが、無償作品の場合は無料で使っても構わないが有償作品で使用する場合にはライセンス料が必要という条件の場合があります。
また画像の用途が限定されている場合もあります。
例えばニコニコ動画の素材サービスであるニコニ・コモンズで公開されているものの中には「ニコニコ内でのみ使ってOK」という条件を設定されている場合があります。
また、これらの画像素材を使用した作品を公開する際には素材作者および素材公開サイトをクレジットに明記する事を忘れないようにしましょう。

プロじゃなくても写真を売れる!ストックフォトの魅力

WEBには写真素材が溢れています。皆さんが日頃利用しているWEBサイトでも様々な写真素材が使われているのではないででょうか。
もちろんこの写真、すべてがWEBサイトの管理人が撮影したわけではありません。画像やイラスト素材を購入できるサイトから素材を取得してサイトで使用している場合もあるのです。
素材の購入と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、例えば写真であればストックフォトと呼ばれる類のサービスです。
このサービスを利用することで、膨大な数の写真から自分が使いたい写真を選んで購入することができます。
ここでポイントなのが、「写真素材を購入する」という事です。売られているという事はつまり、自分でも売ることができると言うことです。
「ストックフォト 販売」などのキーワードで検索すると、自分の写真を販売することができるサイトが山ほど出てきます。このようなサイトに自分の写真を登録して売れれば報酬が支払われるという仕組みです。
登録に際して特別難しいことはないので、必要な情報をフォームに入力するだけであなたはもうプロのカメラマンです。
クオリティの高い写真をどんどん登録していけば、大きな収益を生む可能性がありますので、是非とも挑戦してみてください!

Web上の画像やイラストなどの素材の著作権について。

Web上には、たくさんの画像やイラストなどの素材があります。著作権を有する方にとって、Webは作品の発表の場として、とても便利なものなのかと思いますが、それと同時に、著作権を守りにくくしている要因にもなっています。
基本的に、Web上に発表されている作品であっても、著作権が存在します。それらを何かに使いたい時は、著作権を持っている人から許可をとる必要があります。使用料を要求されることもあるかと思いますが、それは著作権者の正当な権利であると言えるでしょう。
しかしながら、使用料を支払ったまで使いたいと思う程ではないという方は、フリー素材を選びましょう。最近はそういうフリー素材を集めたサイトがたくさんあります。フリーのものはそれなりの質なのではと思われるかもしれませんが、大手の会社が使っていることもあります。そう悪いものばかりではありません。
ちなみに、Wikipediaなどにも写真がたくさんありますが、一定の条件をクリアすれば著作権のことを考えずに使用することが可能です。同じ文章でも画像やイラストがあるのと、ないのとでは、印象も読みやすさも変わります。著作権の問題をクリアした素材を活用するようにしましょう。